業務内容 / 赤外線雨漏り診断

赤外線雨漏り診断

赤外線サーモグラフィーを用いた雨漏りや太陽光パネルの不具合を調査いたします。

TERS赤外線建物診断師による画像解析と雨漏り補修等の経験が豊かな職人との連携で調査から補修までトータルでサポート致します。

発生場所の特定が困難な建物の不具合

一戸建て、マンション問わず建物に雨漏りなどの構造的な不具合が生じた場合、その発生場所を特定するのは難しい。建築した会社が探っても分からないことがあるほどです。中には発生場所を突き止められずに、その場しのぎで対処し、長期間不具合に悩まされるケースもあります。
このような不具合の発生場所の特定などに役立つのが、「赤外線サーモグラフィカメラ」です。

すべての物体は赤外線を発しており、その強さは高温な物体ほど強くなります。サーモグラフィカメラは、この赤外線を特殊なレンズとセンサーで映像化することで、温度分布を表示・記録できる装置です。最近はこの特性を生かして建物診断に用いられるケースが増えています。

不具合の発生場所を温度差で特定するカメラ

赤外線サーモグラフィカメラは、次のような不具合の発生場所を突き止める際に役立ちます。

・外壁の漏水/滞水
・外壁の剥離
・外壁の断熱不良
・内外壁空気漏れ
・内外壁の湿気(雨漏りや結露などによるもの)
・太陽光パネルの不良
・窓の断熱/遮熱不良
・床暖房など屋内配管からの漏水

上記のような不具合は設計・施工不良のほか、経年劣化などでも生じます。これらは、いくら経験を積んだ専門家が目視しても発生場所を特定するのは至難の業。しかし、赤外線サーモグラフィカメラを利用すれば、暗闇の中でも建物や設備など対象物の温度差が色分けして表示されるので、比較的容易に特定できます。

ただし、建物の構造を熟知した専門家が扱わないと、それが雨漏りによる温度差なのか、それとも断熱不良による温度差なのか、といった判断は難しいのです。これは一般人がレントゲン写真を見ても、どのような病気なのかが分からないのと似た理屈です。そのため赤外線サーモグラフィカメラは、扱いに慣れた専門家とセットでないと実力を発揮できないと言えます。

camera_img.jpg
B-600x450.jpg